標本作成方法の長所と短所

 

説明

説明

液浸法による脱色性